循環器内科とは

循環器のイメージ写真

循環器内科は、心臓と血管におこるさまざまな異常の原因を調べ、病気を診断して、治療する内科です。
息苦しい、動悸がする、胸が痛い、不整脈があるといった症状がある場合には、心電図やホルター心電図(長時間記録心電図)、心エコー(心臓超音波検査)、胸部レントゲン撮影などの検査を行い、心疾患(狭心症や心筋梗塞 など)や血管疾患(動脈硬化、血栓症 など)の発症の有無を確認します。
当院では、主に薬物による治療を行い、状態によっては提携している高次医療機関でカテーテル治療などを行います。
カテーテル治療などを行ったあとは提携高次医療機関と連携してフォローしていきますので、ご安心ください。

こんな症状はご相談ください

  • 血圧が高い
  • 強い胸痛を覚える
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える
  • 歩行・運動時に胸が苦しくなり、休むと楽になる
  • 動悸がする(鼓動が速くなる、強い鼓動を感じる)
  • 脈が乱れる、飛ぶ
  • 息苦しくなる(特に横になったとき)
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 失神した(意識を失った)
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された など

循環器内科で扱う主な疾患

  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 高血圧
  • 不整脈
  • 心房細動
  • 静脈血栓症
  • 脳卒中
  • 脂質異常症
  • 糖尿病
  • 肥満 など

循環器内科の主な検査

心電図検査

10個の電極を付けることにより様々な方向から心臓で発生する電気の流れを見ることにより、非侵襲的に心臓の電気生理を見る検査です。
過去の心筋梗塞などの心筋障害の有無、現在進行中の心筋障害の有無、不整脈の有無などを判断します。
胸痛や胸部圧迫症状がある場合の最も基本的な検査となります。
服装は胸と両手首、両足首の肌を露出しやすいものが好ましいです。(当院では胸部症状のある患者さんは他の患者さんより緊急性が高いと判断し、優先して検査を行いますので、ご了承ください。)

胸部レントゲン撮影

心臓をはじめ、肺や大動脈などの形や大きさを映し出します。また肺炎がないかを確認します。
循環器内科と呼吸器内科では同じレントゲンでも重点的に見ているものが違うことがあります。
呼吸器内科では気管支炎や肺炎を起こしていないかどうかの確認をすることが多くなります。
循環器内科では心臓の大きさや肺に水がたまる胸水、肺に血液がうっ滞する肺うっ血を評価していきます。
心不全で入院中の患者さんでは連日レントゲンを撮ることがありますが、ご本人の状況を把握するために必要なことがあります。
当院でも比較的心機能の悪く、慢性的に心不全を起こしている患者さんや内服薬の増量や追加行ったときに評価として胸部レントゲンを行い、心胸郭比(胸部正面X線画像での心臓の幅と胸郭の幅の比率)を評価し、心臓が大きくなっていないか、胸水が減少してきているかなどを確認するために、胸部レントゲンを行っています。
撮影する部分に、金属物・プラスチック・湿布薬等があると、写真に写ってしまって診断の妨げになりますので、撮影前に外しておきましょう。

心臓超音波検査(心エコー)

心臓超音波検査は超音波を心臓に当て、返ってくるエコー(反射波)を画像に映し出し、非侵襲的に心臓の様子を把握する検査です。
心機能、心筋肥大の有無、心拡大の有無、左心室のどこの部分の壁運動が悪いか(局所壁運動低下)、弁膜症の有無、心臓の周りに水が溜まっていないか(心嚢液)などを確認します。

1.心機能

心機能とは基本的には全身に血液を送る左心室(左室)の駆出機能を指します。
心臓内腔の病的な拡大や肥大がないかどうかも評価します。
複数の方向から確認することにより、2次元の画面から正確な心臓機能を把握します。

2.局所壁運動低下

心筋梗塞などの心筋のダメージをすでに受けてしまった場合、左心室の一部に動きの悪いところが出現します。
時間が経過するにつれ徐々に心臓機能が悪化し、心臓自体が大きくなってきていしまうことがあります。
心筋梗塞後の患者さんは定期的な心機能のフォローアップが必要となります。
心臓がダメージを完全に受けていない狭心症または不安定狭心症と呼ばれる状況でも、一時的に局所壁運動が低下していることがあります。

3.弁膜症の有無

心臓は、右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋から成ります。
右心房と右心室の間が三尖弁、右心室と肺動脈の間が肺動脈弁、左心房と左心室の間が僧帽弁、左心室と大動脈の間が大動脈弁という4つの弁があります。
逆流とは弁の変形や拡大が生じ、通常の向きと逆に血流が流れます。
逆流の程度が大きいと、心臓に不必要な負担がかかるため、徐々に心機能が落ちてきます。
また狭窄症とは弁が何らかの理由でうまく開くことができなくなり、次の心臓の部屋にうまく血流を送ることができなくなることです。
このような場合、内科的治療は困難なため、何らかの外科的な治療およびカテーテル的拡張術が必要になることがあります。

4.心嚢液

心臓は心外膜という膜に覆われており、心外膜と心臓の間に心嚢液という潤滑油のような液体があります。
心嚢液があるお蔭で心臓はストレスなく、収縮と拡張を繰り返します。
心筋梗塞後、心筋に亀裂が入り、血液が漏れ出すと数十mlの心嚢液でも血圧が低下することがありますが、炎症などでゆっくりたまった場合は数百ml溜まっても、血圧は保たれる場合があります。
心嚢液のある患者さんでは定期的に心嚢液が増加していないか確認することが必要になります。

ホルター心電図

ホルター心電図は、日常生活のなかで小型・軽量な装置を身につけ、長時間にわたる心電図を記録・解析、観察する検査装置です。
胸部の違和感を自覚する患者さんの中には何らかの不整脈が隠れていることがあります。
心臓の中に血栓という血液の塊を作ってしまい、結果的に脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性のある心房細動などの不整脈や心室頻拍などの致死性の不整脈を持つ人もいます。
このような方にはホルター心電図は必要な検査となります。
また薬剤の効果判定のために、不整脈の増加、減少確認のために、ホルター心電図を行うこともあります。
短時間の心電図検査などでは診断できない不整脈や冠攣縮性狭心症などの発見が可能です。

循環器内科で扱う代表的な疾患

狭心症(労作性狭心症、冠攣縮性狭心症、無症候性心筋虚血)

心臓に栄養や酸素が含まれた血液を供給する血管を冠動脈といいます。
代表的な狭心症は、高血圧や脂質異常症などの生活習慣病による動脈硬化が原因となり、冠動脈が狭くすぼまる(冠動脈狭窄)ことで心臓の筋肉(心筋)への血流が減少(心筋への酸素供給量も低下)し、階段を登るなどの運動時に胸部症状が生じる労作性狭心症です。
運動を止めて一定時間休めば症状は消えます。
一方、冠動脈の狭窄がなくても、血管壁が一時的に痙攣するために起こる狭心症もあり、冠攣縮性狭心症(安静時狭心症、異型狭心症)と呼ばれます。
これは喫煙者や飲酒の習慣がある方に起きやすく、夜間から早朝にかけての安静時などに急に胸痛が起きることが特徴です。
また、症状のない狭心症は無症候性心筋虚血とよばれ、心臓は虚血にさらされていても、症状の感じ方が鈍くなっているため症状を感じないという状態です。
糖尿病や高齢者に多く、症状がなくても治療をしないと、心筋梗塞のリスクとなるため早急な治療が必要です。

さらに、狭心症では、胸痛だけなく、顎、歯、左肩、左上腕などに痛みを感じることもあります。
これは放散痛と呼ばれます。
痛みの部位が前胸部ではないため、狭心症だとわかりにくいという特徴があります。
整形外科や歯科を受診しても痛みが改善せず、内科の診察にて狭心症だとわかった、というケースも少なくありません。
「突然現れて数分で消えてしまう痛みがある」という場合には、一度は狭心症も疑ってご相談ください。

不安定狭心症(急性冠症候群)・心筋梗塞

「狭心症発作が次第に頻回に起こるようになり、労作時ばかりでなく、安静にしていても起こる」というようなときには、不安定狭心症が強く疑われます。
急性冠症候群ともいいます。

心筋梗塞の前触れです。発作が繰り返し起こっている間に、大きな発作にいたらない前に心筋梗塞ができ上がってしまう(心筋が壊死してしまう)こともあります。
心筋梗塞を発症すると胸や背中に痛みが突然生じるほか、冷や汗、吐き気、息苦しさなどの症状がみられるほか、人によっては意識を消失することもあります。死に至ることもある大変危険な疾患です。

生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)や喫煙などを背景とした動脈硬化によって冠動脈にプラーク(粥腫;しゅくしゅ)が付着することによって血管内腔が狭くなります。
やがて冠動脈プラーク(粥腫)が崩れると冠動脈を詰まらせて心筋梗塞を発症します。

なお、糖尿病の合併症でもある糖尿病性神経障害を発症している方場合、心筋梗塞の特徴でもある激しい胸の痛み(無痛性心筋梗塞)を感じないこともあるので注意が必要です。

大動脈解離

動脈は高い圧に耐えられるように内膜、中膜、外膜の三層構造になっています。
大動脈解離は、体の中で一番太い大動脈の中膜が裂ける疾患です。
血管が破裂してショック状態になることや、体の血液の循環が無くなるといった症状が一瞬のうち起こります。
病院にたどり着く前に50%の人が亡くなるとされる、致死率の高い、急を要する病気です。
大動脈解離は大動脈が裂ける場所によって2つに分類されます。
上行大動脈(心臓を出てすぐの大動脈)から裂けるタイプをスタンフォードA型と呼び、上行大動脈は裂けず、背中の大動脈(下行大動脈)から裂けるタイプがスタンフォードB型と呼びます。
A型は発症後48時間以内に破裂を起こしやすいため、緊急手術が必要となります(解離した上行大動脈を人工血管に取り換えます)。
B型はA型に比べ、すぐには破裂しないことが多いため内科的治療で対応します。
しかし、背中の痛みが持続した場合(破裂の兆候)や、腹部内臓や下半身への血流が悪くなる場合には緊急手術(最近はカテーテル治療が多い)が行われます。
原因としては、高血圧、血管の病気(血管の壁が弱くなる)、妊娠、外傷、大動脈2尖弁などがあげられます。
大動脈解離は死亡率の高い大変危険な疾患ですので、「突然、激烈な背部痛」が生じた場合には迷うことなく救急車を呼び、手術可能な医療機関を緊急受診する必要があります。

不整脈

脈の打ち方が正常でない状態を不整脈といい、頻脈(早く打つ)なこともあれば、徐脈(ゆっくり打つ)といったこともあります。

主な原因としては、心臓に起因する病気(冠動脈疾患、心臓弁障害、心不全、先天性心疾患 等)の可能性が考えられますが、甲状腺に異常がみられるときや肺に何らかの病気がある場合にも不整脈になりやすく、また病気とは関係なく、遺伝や体質、ストレスや睡眠不足、疲労といったことが原因で起こることもあります。
人間の心臓は、1日に10万回ほど拍動しますが、健康な状態であっても規則正しくない電気信号によって不規則な動きをすることもあるので、ある意味不整脈は誰にでも起こり得る現象ともいえます。
主な症状としては、頻脈では、動悸(ドキドキする)、脈が速まることで心臓から血液を全身に送りにくくなることによる症状として、吐き気、冷や汗、意識消失等の症状がみられるようになります。
徐脈の場合は、長く続くと動作時に息切れしやすくなるほか、めまいや意識が無くなって卒倒することもあります。
また期外収縮は、脈が飛んでいる状態なので自覚症状がみられないこともありますが、症状を感じる場合は、胸の周辺に不快感や胸痛が現れますが多くは数十秒ほどで治まるようになります。

不整脈に関しては、自覚症状が必ず出るということはなく、また大半のケースは心配のいらない一時的なものです。
ただ、可能性は低いのですが、心停止につながるような不整脈である場合もあります。
先に述べたような症状に心当たりがある場合は一度ご相談ください。