当院のエコー検査について

当院では熟練した高い技術を有する専門の臨床検査技師/超音波検査師による超音波検査(エコー検査)を受けることができます(要予約)。
なお、心エコーのほかに、甲状腺エコー・頸動脈エコー・腎血管エコー・腹部エコー・下肢静脈エコーの検査を受けることが可能です。お気軽にお問い合わせください。

甲状腺エコー

甲状腺がんが見つかり、手術目的に専門施設へご紹介する場合もあります。

頸動脈エコー(動脈硬化の検査)

全身の血管の中で、直接動脈硬化を評価することができる場所が頚動脈です。
頚動脈の動脈硬化病変は脳梗塞の原因としてとても重要です。頸動脈エコー検査を受けることで、現在は無症状でも将来の脳梗塞発症の原因となり、手術の対象となる病変がみつかる場合もあります。当院では血圧脈波検査※と組み合わせて行うことが多いです。

※血圧脈波検査(その他の動脈硬化の検査)

動脈の硬さや詰まり具合を測定し、動脈硬化の進行度を評価します。
四肢の血圧を同時に計測し、痛みはなく、所要時間は5~10分程度です。
動脈硬化はさまざまな病気の原因となるため、非常に大切な検査です。

腎血管エコー

腎動脈狭窄の評価を行います。高血圧患者さんの一部は、腎動脈の狭窄が原因で血圧が上昇しています。腎動脈狭窄を正確に診断し、専門施設で腎動脈を広げる治療を行った結果、高血圧の薬を飲む必要がなくなる患者さんもいます。

腹部エコー

胃カメラや大腸カメラでは観察できない、肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓・膀胱・前立腺・婦人科系臓器などの病気を評価することが出来ます。
また、胃や大腸も進行がんや潰瘍、強い炎症などはエコーで見つけることができます。苦痛がなく、ベッドサイドですぐに出来る非常に有効な検査です。

下肢静脈エコー

下肢静脈エコー検査で深部静脈血栓症(エコノミ―クラス症候群)や足の血管が太く浮き出る下肢静脈瘤を見つけることができます。
足の付け根から膝裏、ふくらはぎを中心にエコーゼリーを塗って血管内に血栓や炎症がないかを検査をします。
脚の腫れやむくみ、呼吸苦などの症状があれば深部静脈血栓症が疑われます。
深部静脈血栓症は肺血栓塞栓症の原因となり、エコーでの的確な診断が大切です。